カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

シルバーのお手入れについて

シルバーの性質について
シルバーアクセサリーは、使わずに放っておくと、黒く変色する事があります。
シルバーは、空気中の硫黄分により、硫化銀の皮膜を作ることで徐々に黒ずんでいく
性質があるからです。特にネックレスの首の、皮膚にあたる部分が黒ずんだり、
リングの内側が黒ずんだりするのは、皮膚や髪を構成しているたんぱく質の
成分の中に、硫黄が含まれているからです。
また、硫黄は医薬品の皮膚クリームや軟膏にも含まれていて、強い皮膚を作る
蛋白質の成分としての役割を持っていますが、シルバーには硫化という作用を与えます。

シルバーアクセサリーに限らず、アクセサリーは普段身につけていると汗やほこりが
付着することで、汚れますし、使用して傷も付いていくものです。

シルバーは、変色していくことによりそれがシルバーの「味」となったり、使っていく上
での細かなキズが鈍い光沢を醸し出し、よい風合いとなって、よりいっそう愛着の
あるアクセサリーとなるのがシルバーの特徴でもあります。
シルバーは使っていく上での汚れや黒ずみ、小さなキズなどは、少しのお手入れで
買ったときの輝きを取り戻すことができます。例え、どんなに古くなったシルバー
アクセサリーであっても正しく手入れをすれば、新品当時の輝きが蘇ります。


日頃のお手入れについて
日ごろの手入れといっても、身につけたら、必ず柔らかい布(または、メガネ拭きに
使われる専用クロスなど)でよくふいてからしまう習慣をつけましょう。
特に汚れている場合は、水かぬるま湯で、中性洗剤を混ぜ、やさしく洗い
清潔にしてください。温泉や温泉の素を入れたお風呂に入る時や、女性の方でお
化粧をする時には、変色を防ぐため、はずしておいた方がいいでしょう。
また、卵,玉ねぎ、輪ゴムも変色の原因となりますので遠ざけてください。
あまり着けずにおく場合は空気がなるべく触れない密閉容器(ビニール袋等)
やシルバーアクセサリー専用保管袋に入れておいた方がいいでしょう。


シルバー製品のお手入れ方法
汚れを落し、水やぬるま湯、中性洗剤で洗い、特に汚れがひどい場合は、専用の
クリーナーや超音波洗浄機を使ってください。
変色したものを元に戻す場合、専用のクリーナーを使うようにすると良いでしょう。
但し、いぶし加工(墨入れ加工)などをしているものは注意が必要です。
キズを取る場合、小さいキズは研磨剤が入った専用のクリーナー(クロスタイプ、
ペーストタイプ)を使い、大きなキズはサンドペーパーでキズを取ってから磨く
と良いでしょう。但し、部分的にマット仕上げなど、表面加工をしているものは、
注意が必要です。


専用クリーナーを使う
専用のクリーナーには、布に研磨剤をつけたクロスタイプ、科学的にシルバー
の表面の硫化銀皮膜を落とす液体タイプ、研磨剤を配合したペースト状のタイプ、
など様々な商品が発売されています。

ページトップへ