カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

シルバーのお手入れについて

シルバーの性質について
シルバーアクセサリーは、使わずに放っておくと、黒く変色する事があります。
シルバーは、空気中の硫黄分により、硫化銀の皮膜を作ることで徐々に黒ずんでいく
性質があるからです。特にネックレスの首の、皮膚にあたる部分が黒ずんだり、
リングの内側が黒ずんだりするのは、皮膚や髪を構成しているたんぱく質の
成分の中に、硫黄が含まれているからです。
また、硫黄は医薬品の皮膚クリームや軟膏にも含まれていて、強い皮膚を作る
蛋白質の成分としての役割を持っていますが、シルバーには硫化という作用を与えます。

シルバーアクセサリーに限らず、アクセサリーは普段身につけていると汗やほこりが
付着することで、汚れますし、使用して傷も付いていくものです。

シルバーは、変色していくことによりそれがシルバーの「味」となったり、使っていく上
での細かなキズが鈍い光沢を醸し出し、よい風合いとなって、よりいっそう愛着の
あるアクセサリーとなるのがシルバーの特徴でもあります。
シルバーは使っていく上での汚れや黒ずみ、小さなキズなどは、少しのお手入れで
買ったときの輝きを取り戻すことができます。例え、どんなに古くなったシルバー
アクセサリーであっても正しく手入れをすれば、新品当時の輝きが蘇ります。


日頃のお手入れについて
日ごろの手入れといっても、身につけたら、必ず柔らかい布(または、メガネ拭きに
使われる専用クロスなど)でよくふいてからしまう習慣をつけましょう。
特に汚れている場合は、水かぬるま湯で、中性洗剤を混ぜ、やさしく洗い
清潔にしてください。温泉や温泉の素を入れたお風呂に入る時や、女性の方でお
化粧をする時には、変色を防ぐため、はずしておいた方がいいでしょう。
また、卵,玉ねぎ、輪ゴムも変色の原因となりますので遠ざけてください。
あまり着けずにおく場合は空気がなるべく触れない密閉容器(ビニール袋等)
やシルバーアクセサリー専用保管袋に入れておいた方がいいでしょう。


シルバー製品のお手入れ方法
汚れを落し、水やぬるま湯、中性洗剤で洗い、特に汚れがひどい場合は、専用の
クリーナーや超音波洗浄機を使ってください。
変色したものを元に戻す場合、専用のクリーナーを使うようにすると良いでしょう。
但し、いぶし加工(墨入れ加工)などをしているものは注意が必要です。
キズを取る場合、小さいキズは研磨剤が入った専用のクリーナー(クロスタイプ、
ペーストタイプ)を使い、大きなキズはサンドペーパーでキズを取ってから磨く
と良いでしょう。但し、部分的にマット仕上げなど、表面加工をしているものは、
注意が必要です。


専用クリーナーを使う
専用のクリーナーには、布に研磨剤をつけたクロスタイプ、科学的にシルバー
の表面の硫化銀皮膜を落とす液体タイプ、研磨剤を配合したペースト状のタイプ、
など様々な商品が発売されています。

ジュエリーの取り扱いについて

ジュエリーのメンテナンスについて
身につけたらやさしく拭いてあげてください。
ジュエリーを身につけると、どうしても皮脂や汗、ほこり、化粧品による汚れが
付着することは、避けられません。この汚れをほうっておくと、パールや
ターコイズなど、デリケートな宝石類に致命的なダメージを与えてしまいます。
ダイヤモンドのように強さのある宝石でも、汚れをため込めば、せっかくの輝き
がくすんでしまいます。そこで、必ずつけたジュエリーは、柔らかい布
(メガネ拭きなど)でよく拭いてからしまいましょう。


宝石同士で、雑にしまわないように。
地球上で最も硬い鉱物、ダイヤモンドの硬度は、10(モース硬度、宝石の硬度の
順位付けで最高度)です。それに対して18金やプラチナは、硬度約4.5。
ジュエリーを雑に扱うと、硬度の高い宝石と貴金属とがこすれあい、細かな傷が
ついてしまいます。パール(硬度3)や琥珀(硬度2)に至っては、擦れてできる
傷の度合いはもっと深刻となります。ジュエリーは、必ず、お互いにぶつかり合う
ことのないように、丁寧にしまうのが基本です。旅行先にジュエリーをもっていく
ときも、1点1点をしっかりくるんで、傷がつかないように配慮が必要です。


海や山では、デリケートな宝石の着用は、気をつけましょう。
海では、プラチナやゴールドなどの貴金属を、硬い砂で傷つけてしまうことが
心配となります。海や山での強烈な紫外線も、長く浴びていると、アメシスト、
シトリン、ターコイズ、クンツァイトなどの色褪せの原因となります。
一方で、プラチナやゴールドは、熱伝導率が高いため、スキーやサウナで
身に着けたままでいると、凍傷や火傷を起こす場合があります。


ダイヤモンドのお手入れ
ダイヤモンドは、地球上で最も硬い鉱物です。とても強靭なので、扱いには
比較的気を使わずにすみます。とはいえダイヤモンドには、「親油性」といって
皮脂や化粧品の油分が付着しやすい性質があるのと、神経質になりすげる
必要はありませんが、強い衝撃によっては、ぶつかる方向によって割れやすい
性質があります。ダイヤモンドの汚れを取る場合、コップに中性洗剤とぬるま湯
と入れ、洗浄してください。これだけでもかなりきれいになります。特に汚れが
ひどい場合は、柔らかい歯ブラシで裏からこすります。充分にすすいだ後、
乾かせば、完了です。


パールのお手入れ
パールは、宝石としては、最もデリケートな部類に入ります。つけた後、手入れを
せずにほうっておくと、汗や皮脂が酸化して、少しづつ表面の光沢を侵してしまい
ます。これを防ぐために「着けたら拭く」を徹底することが必要です。香水や
整髪料をスプレーする際も、必ずパールを身につける前にすませるのが原則です。
水道水には、塩素が入っていますので、浸け置きするのは、避けましょう。
ですが、堅くしぼった布で汚れを落とすことは、時に必要です。


水に弱い宝石
パールやターコイズ、サンゴ、象牙、ラピスラズリ、マラカイトなどは、液体が
しみ込みやすい「多孔質」と呼ばれる性質をもっています。このために液体が
かかるとシミになり、拭いても取れなくなるので、注意が必要です。特に果汁が
はねかかると、シミの原因になりやすいので、気をつけてください。もちろん
温泉も悪い影響を及ぼします。概して多孔質の宝石は、硬度が低く、紫外線にも
弱いなどデリケートなタイプが多いので、より注意が必要です。